愛と勇気で綴るポエムな叙事詩


by marugongon

こうしたらいいかもー

・スピードに乗って近距離(⇔距離が遠いと、回避した位置へのクリティカルポジション移動に時間がかかる)で旋回を強要させる動きをする、ターゲットとなる敵船が回避した位置に移動しつつ、クリティカルを狙い続ける。

・僚艦はそれに呼応して回避した位置を予測して砲撃していく。機をみて位置関係に応じて近距離で追う役を入れ替える。
そもそもインファイターとかアウトファイターとか区分する概念がナンセンスだと思う派

・お互い味方と近くで戦うことによって、白兵時のアプローチもしやすくなる。

・各個撃破。インファイトなしには成立しない。インファイトはアウトファイターの撃沈のきっかけづくり、じゃない。全員が目の前の一隻にとらわれず少しずつ無理することである一隻にたいして集中攻撃ができるんじゃないだろうか。生存第一?自船を外側に開くことによって安全な位置をキープし続ける方法では艦隊連携は成立しにくい(外側に開いて安全を確保した方がいいケースも当然ある)。内側で死にやすいから外側にいく?→内側で100回でも200回でも沈んで、内側で沈みにくくなってください。


あとこれはいつも感じていることだけど、土日の模擬において艦隊として勝利することよりも自分の撃沈被撃沈のために戦ってるのだろうかと疑問を持たざるをえないプレイもまだまだ多い。個人として安全な位置をキープして撃沈のチャンスに反応していくといったプレイスタイルを、上級者がしたときに「他の面子次第」ではそのほうが勝利に結びつきやすい要素もあるのだけれども、はたしてそれでチームとして未来があるのだろうか。




大海戦について

いろいろ挙げてったらきりがないし他で書いてありそうなので割愛して、基本的な部分で艦隊全体として近距離で船尾を追っかけまわす動きが足りないんじゃないかなー(特に常連含む)
[PR]
by marugongon | 2008-04-01 21:58